日本教育デザイン学会 ーJEDIー

第79回イノベーティブ・セミナー延期のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大が心配され、今後1~2週間が感染拡大の分岐点との報道がありました。 つきましては、3月9日(月)に実施を予定していた「第79回イノベーティブ・セミナー」は、延期といたします。 なお、今後の予定…

第79回イノベーティブ・セミナーのご案内

 第79回イノベーティブ・セミナーを下記のように開催いたします。  小学校での新学習指導要領の完全実施まで、残すところ一ヶ月あまりとなりました。 新学習指導要領の改訂では、「社会に開かれた教育課程」「主体的・対話的で深い…

第78回 イノベーティブ・セミナーのご案内

「第78回イノベーティブ・セミナー」を下記のように開催いたします。 平成19年に「すべての学校で特別支援教育に取り組む」ようになってからすでに十数年が過ぎました。しかし、新聞紙上には「いじめ最多54万件」「児童虐待最悪1…

第77回 イノベーティブ・セミナーのご案内

 令和の時代が始まり、教育への期待がますます高まるなか、本年度最初の「第77回 イノベーティブ・セミナー」を下記のように開催いたします。 昨年、国は「第3期教育振興基本計画」を策定しました。それを受ける形で、埼玉県は昨年…

令和元年度 スキルアップ・セミナーのご案内

 「平成」から「令和」へと元号が変わり、新たな年度が始まりました。 そして次期学習指導要領の完全実施まで、小学校では一年となりました。また、今年3月には「第3期埼玉県教育振興基本計画」が議会で決定され、「第2期埼玉県教育…

危機感は克服できたのか -0-

 両親による虐待で、また幼い子供の命が奪われてしまいました。家族が大好きであったろう子供は、虐待を受けていたにもかかわらず、両親の指示により「虐待はなかった。」「家族一緒に暮らしたい」という手紙を書かされ、その手紙を示さ…

第75回 イノベーティブ・セミナーのご案内

  平成19年は「特別支援教育元年」ともいわれ、すべての学校で特別支援教育の実施が開始された年です。それから11年が経ちました。多くの学校で特別支援教育への取組や、通級指導教室の充実など、制度の整備や意欲的な実…

第74回 イノベーティブ・セミナーのご案内

第74回イノベーティブ・セミナーを下記のように開催いたします。 今回のイノベーティブ‥セミナーでは、下図に示すような新学習指導要領の6つの改善点の一つである「子供の発達をどのように支援するか」という中心的な改善点に視点を…

新学習指導要領を読み解く(7)ー子供たちの現状と課題-

◯「新学習指導要領を読み解く(6)」では、「教育振興基本計画」の背景にある危機感について述べました。今回の学習指導要領の改訂も、その危機感の延長線上にあり、大改革とも言える改訂が必須だったのです。そこで、今回は「答申」に…

平成30年度 スキルアップ・セミナーのご案内

平成30年度も、すでに一ヶ月が過ぎようとしています。各学校では、新年度の教育計画のもとで、順調なスタートを切った事と思います。新学習指導要領の内容の周知、移行やそのための準備など、忙しい毎日ですが、子供たちの未来を担って…

第72回 イノベーティブ・セミナーのご案内

 平成19年度は、「特別支援教育元年」といわれました。それから11年が経過しようとしています。各学校では、「特別支援教育」に関する理解が進み、多くの実践が積み重ねられ、様々な成果をあげてきました。しかしその一方で、特別支…

新学習指導要領を読み解く(4)

◯答申の「はじめに」の後半部分を読み込むことにしましょう。 ◯キーワードを抜き出してみると、  ・学習指導要領が果たす役割    ・公の性質を有する学校における教育水準の全国的な確保    ・各学校が      ・その特…

新学習指導要領を読み解く(3)

◯「新学習指導要領を読み解く(2)では、答申の「はじめに」からキーワードを抜き出して答申のねらいを考えました。その中でも、私は次のキーワードが重要だと思っています。  ・新しい時代にふさわしい学校教育の在り方を求めていく…

新学習指導要領を読み解く(1)

 新学習指導要領が告示されてから、半年が過ぎました。本年度は「新学習指導要領の周知の年」として位置づけられ、夏休みには全国各地で「新学習指導要領に関する『説明会』や『伝達講習会』」が開催され、各学校での情報交換や研修も始…

社会モデルとしての特別支援教育 -八戸市中学校教育研究会講演より-

5月1日(月)、八戸市中学校教育研究会の依頼を受け「『特別支援教育の視点』とこれからの学校教育」をテーマに講演を行ってきました。 八戸市は中核市として研修の充実に力を入れており、当日は八戸市内の中学校の先生方が一堂に集ま…