日本教育デザイン学会 ーJEDIー

JEDIの主な活動履歴

JEDI・主な沿革

2007年4月27日

JEDIへの胎動
 ・第1回イノベーティブ・セミナー開催
   講演「深谷市の教育の新たな創造に向けて」
   講師 立教大学准教授 大石幸二先生

■「日本教育デザイン学会は、深谷市教育委員会に勤務していた指導主事が中心となって、2009年(平成21年)3月まで活動した組織が母体となっている。
 2007年・2008年の2年間で、22回のイノベーティブ・セミナーを開催し、深谷市を中心とした近隣の市町村から多くの教員の参加を得て、教員の「特別支援教育に対する理解と児童生徒への具体的な支援」について研修・研究を進めてきた。
2009年5月13日

「日本教育デザイン学会」発足
 ・設立総会開催
 ・第23回イノベーティブ・セミナー開催

   講演「深谷市における新たな教育実践に求められるもの」
   講師 立教大学教授 大石幸二先生

■深谷市教育委員会の内部組織としての活動を終了し、新たな組織として「日本教育デザイン学会」が発足し、セミナーの開催、研究活動、出版活動など多様な活動を続けている。
 現在までに、実施したセミナーは以下のようである。
 ・イノベーティブ・セミナー 48回
 ・スキルアップセミナー   19回
 ・教育経営セミナー     20回
 ・特別セミナー       5回
 これまでにセミナー等に参加した人数は、年度によって違いはあるが8,000人を越えようとしている。多くの教員に支えられ、活動が続いている。



これまでのご講演いただいた主な講師
  (職名は講演依頼当時のものです)

・天笠 茂先生 千葉大学教育学部教授
・宮川健郎先生 武蔵野大学教育学部児童教育学科教授
・大石幸二先生 立教大学現代心理学部教授
・中村和彦先生 山梨大学教育人間科学部教授
・野口和也先生 明星大学人文学部心理教育学科非常勤講師
・金澤貴之先生 群馬大学教育学部准教授
・霜田浩信先生 群馬大学教育学部准教授
・石渡貴之先生 立教大学コミュニティ福祉学部 准教授
・福田誠治先生 都留文科大学副学長
・瀧井宏臣先生 フリー・ルポライター
・近藤武夫先生 東京大学先端科学技術研究センター講師
・福島清彦先生 立教大学経済学部教授
・神山 潤先生 東京ベイ浦安・市川医療センター・センター長
・漆沢恭子先生 植草学園短期大学福祉学科教授
・安部博志先生 筑波大学付属大塚特別支援学校主幹教諭
・中内麻美先生 埼玉県深谷市立教育センター主任学校福祉相談員
・中村裕太先生 埼玉県深谷市立教育センター学校福祉相談員
・渡邊咲子先生 埼玉県入間市教育研究所
2011年9月14日

「日本教育デザイン学会」のホームページ開設(第1期)

■「日本教育デザイン学会」として独自のドメインを取得し、セミナーの案内、活動報告等の情報発信を開始した。

2013年2月15日

「未来志向の教育デザイン 通常学級における特別支援教育の視点に立った学級経営」刊行

大石幸二編
久木健志・石河信雅・中内麻美著
四六判/1470円(税込)
ISBN:978-4-7614-0751-3
特別支援教育のノウハウを活用した学級経営を提示。

■これまでの研究成果や教育実践をまとめることを意図しながら、未来志向の教育デザインという視点で通常学級における特別支援教育のあり方についてまとめた書籍である。

2013年4月15日

「日本教育デザイン学会」ホームページ、リニューアル(第2期)

■「日本教育デザイン学会」の活動内容を改めて発信する拠点となるよう、ホームページのリニューアルを実施し、デザイン思考による教育改革の推進をめざして情報発信を再開した。